ぽそっとひとりごと

感じたこと・伝えたいこと・ぽそっと綴ってます。
 


2009/03«2009/04 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 »2009/05

スポンサーサイト



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

懐かしいもの。



今日母親が懐かしい物を

どこからか出して来た。

私の小学一年生の時の通知票だ。



色も変色して破けていて古めかしいが


間違いなく私の名前が書かれた通知票でした。


懐かしさに感動し…

そしてこんな物がまだ残っていた事に対して驚きでした。


備考の欄には


授業中ボサッとしている。
整理整頓ができていない。
ノ-トの使い方が乱雑 。
極め付けは…気が強くすぐ喧嘩になると書かれていました。(笑)



一年生でこの書かれ様です…ある意味凄いですね


自分で自覚してる性格はこれに人見知りと引っ込み思案が加わるんですが…
(でも喧嘩するんだぁ(笑))

現在の私と照らし合わせてみると…


ちゃんと進化、向上、克服しつつある様です。


この時の担任の先生は


しっかり私の本質を見抜いていたんでしょうねぇ(笑)

素晴らしいです。
(´∀`)


皆さんも子供の頃の通知票を見てみたら


案外自分の魂の本質が書かれているかもしれませんよ~


楽しいので見てみませんかぁ♪


それにしても子供の頃の私って…(; ̄▽ ̄)



スポンサーサイト

象さん。



20090426182809
今日は福山にある

小さな動物園と公園へ三女を連れて行きました。


動物園はなんと入場料15才以上が300円

子供は無料でした。


ライオンはたまたま見る事ができなかったのですが

キリンやペンギン、シマウマ、ニシキヘビ色々可愛かったです。


その中でなにより感動したのが


象の餌やりができた事です。

100円でバナナとサツマイモも一つづつ象のふくちゃんにあげました。


器用に鼻先に餌を巻き付け口に持って行ってました。

ナゼナゼもしてあげることもできました。


何とも言えない手触り

そして愛らしいつぶらな瞳がとっても可愛いくって

もっともっと触っていたかった私でした。


本当に可愛いかった♪

又行きたいと思いました。
今日は朝から風が冷たくてとても寒かったのですが


三女が喜んでくれたのと

象のふくちゃんと触れ合う事が出来たので


とてもいい1日でした。


40数年生きて来て


生まれて初めて象を触りました。


感動しました。

(´∀`)



癒されました。



今日は次女が


久し振りにピアノを


弾いていた。


側で横になりながらピアノの音に耳を傾ける。


目を瞑って聴いていると


より一層音が頭の中に


直接入ってくる


そして音は大音響のはずなのに


自然に眠りに落ちてしまっていた。


ピアノの音の奏でるメロディが


私の耳には心地よかったらしい。


音の持つエネルギーが


部屋に充満し


眠りを誘ったのでしょうね。


個人的に私はピアノの音やオカリナの音が大好きである。


時間にしたら10分程の睡眠でしたが


とてもリフレッシュできました。



皆さんも自分にとっての心地のよい音を身近に感じてみるといいですよ。


リフレッシュ効果

癒し効果大です。


小さな幸せに今日も


感謝です。


(´∀`)

生きる為に生まれて来た。



20090417062617
私の好きな言葉の中に



この言葉があります。




『私達は生きる為に生まれて来た。』



この言葉は



守護霊や守護神と交信し彼等の言葉をリ-ディング(読み取り)


してる時に伝えられて来た言葉です。



いつも様々な言葉を



伝え導いてくれます。



それらを私が趣味にしているト-ルペイントに



描かせてもらっています。



先日も一つ作品が出来上がりました。




☆『私達は生きる為に生まれて来た。』☆



生きるって順調に行ってる時は当たり前に生きてるけど困難や哀しみに遭遇すると


時として生きる意味を見失い死にたい衝動にかられます。



誰もが経験した事あるのではないでしょうか?



でも私達は自分の意思で



この世に生まれて来ました。



様々な困難な事や逆境と向き合いそれらを克服し



自分の魂を磨きあげる為に…



意味のない、いらない生など



何処を探しても



一つもありません。

大切な大切な命です。


私達は『生きる為に生まれて来た』んです。



忘れないで下さい。

親子の再会その2



再会を果たし

話し許し合い
理解し合った二人は

とてもいい状態になり
(霊格の向上)
共に又再会を約束して

ふふたび霊界へと

消えて行きました。


相談者も心身共に晴れやかな状態になり

そして相談者に訴えてかけてた悩めるご先祖様達も

心晴れやかになり

霊格の向上のお手伝い(成仏)ができた心温まるお話しでした。


人間の寿命は『ほぼ』決まっていると言われています。

いつ死んでも後悔しない様大切な者達に悔いの残らぬ様愛を与えていたいものですね。


そして霊界に還ってからも
大切な人と巡り逢う事が

必ずできるんだという事を目の当たりにした出来事でした。

でも巡り逢うのには同じ次元にいなければなりません。


お互い霊格の向上に勤め

死んでからもプラス思考で前向きになってなければなりません。


過去を反省し進化向上しようとする気持ちを持つ事が大切なんです。


死んでからではなく生きてる今からその様な生き方をしてもらいたいです。


親子の再会その1



私が霊視をして来た中で


心に残ってる素敵なお話しを


今日はご紹介したいと思います。


ある男性を霊視していた時


その方の亡くなったお父さんが出て来られました。


そして生きてる時に息子に淋しい思いをさせた事、親らしい事を何もしてやれなかった事を詫びたいと訴えて来ました。


息子さんにしっかりお父さんの想いをお伝えしますね
と約束をすると安心したかの様にス~ッと消えて行きました。


すると今度は又別の男性が姿を現しました。


どなたかと訪ねると


どうやら先程のお父さんのお父さんです。(祖父)

そしてこの方も哀しげに想いを訴えて来ます。


自分は身体が弱く息子が幼い時に病気で死んでしまったので息子に親らしい事は何もしてやれなかった。
息子に淋しい想い、不憫な想いをさせてしまったから悔やまれてならない…と切々に訴えて来るのです。

では息子さんに会って直接謝ってはいかがですか?
と伝えました。


それから亡くなっている二人の親子が会える様、位牌と位牌を正面に向け


二人が同じ時空に来れる様霊界のかた達の力を借り

逢える様お仕事をさせて頂きました。


すると嬉しい事にしっかり二人は出逢う事に成功し
再会を果たす事ができました。


泣きながら抱き合いお父さん(祖父)は息子に(相談者の父)思いのたけをぶつけ詫びていました。


息子は幼い頃に死に別れた父に逢う事ができ子供の様に喜び泣いていました。

この二人は同じ天界にいても次元の違う所にいるので逢う事ができませんでした。

勿論二人ともこの世に未練を残していたので(互いに子供の事)成仏は出来ていませんでした。


つづく

心の叫び



ある小学校の前を通った時の事


4~5人の先生らしき人とそこの生徒であろう子供が門の所に集まってなにやら話していた。


その内子供が大声を出して騒ぎ暴れ出した。



そして先生らしき人達はなだめ押さえ付けている。


しかし子供はおとなしくなるどころか


更に大きな声を出してわめき暴言を吐いている

押さえつけてる先生達を身体全体で抵抗し力いっぱい暴れている。



子供の口から吐き出される言葉は


ふざけるなぁ


離せよバカヤロ-


ヤメロ-死ね-


等々色んな言葉が


聞こえて来たが



子供が叫ぶ度に


私には悲しい悲鳴に聞こえる


聞こえて来る声が


胸をえぐる


子供の暴言の裏に


子供の哀しみが


どれだけ隠れているか


先生達は理解してるのかな?


世間で言われる問題児とは


本当は悲しい心の持ち主なのだ


どんなに子供の心が悲鳴をあげて


助けを求めているのか


理解してあげて欲しい



勿論悲鳴の元は家庭の中から

創り出されている事が多い事を大人達に知ってもらいたい…


怒り、攻撃、無気力、虚言、暴力、暴言、盗み、その他様々なマイナスな働きは

哀しみの裏返しなんです。


子供の本心を見抜いてあげて下さい。




プロフィール

seiseimeiraku

Author:seiseimeiraku
清く正しく明るく楽しく♪
人に優しく自分に
チョコッとだけ厳しく
生きたい私です。

最近の記事
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
Pika_Mouse
powered by
3ET
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。